2017年10月02日

戦没者追悼式、他

10月1日、常総市地域交流センターにて行われました、常総市戦没者追悼式に出席しました。
戦後72年を迎え、常総市内1919名の戦死された方々への追悼の念と、その遺族の皆様の御多幸を祈り、献花を捧げさせて頂きました。
B3549838-CA87-4FC7-8E9B-1DCAF68D510D.jpg

現在の日本があるのは、ご先祖様のお陰でもあります。感謝の気持ちを忘れず、気を引き締めて議員活動をして行きます。


午後からは、フラフレンズ水海道発表会に御招き頂きました。(常総市生涯学習センター)
DC9C0AB2-E136-4E4E-AFDF-C08FE70A8D42.jpg

8月下旬には、地元大生小学校で夏祭りを開催した際にもフラダンスを御披露頂き大好評でした。
今回は、目の前で観る事ができて感動的でした。
全身を使いながら、指先から足の先まで繊細な動きに目をとられました。

7C5933F4-81B5-4528-964C-234087B4FCDA.jpg
それに、何と言っても皆様美しいです✨

これからも、素晴らしいダンス演技で、地域振興は勿論、皆さんを笑顔にして頂けますよう応援して行きたいと思います。
posted by おおさわきよし at 11:48| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

運動会とインターン

本日は晴天の中、地元の大生小学校の運動会に参加させて頂きました。
C47A3979-30F2-4A37-BCD9-5A8BD6EFFC22.jpg
入場行進の模様(一部の生徒です。約110名)

冒頭、校長先生の挨拶で、教員が逮捕された事件についての謝罪もあり、違った緊張感のある開会式でした。
大生小学校のグラウンドは、2年前の関東東北豪雨水害の影響で改修したものの、昨年の運動会では散々な状況だった為、大変懸念してましたが、
一昨日の雨の影響もなく、最高のコンディションで行われました。
競技内容についても、準備運営の皆様の御苦労もあり、地域・学校・保護者が一体感を持ったものと感じました。大変お疲れ様でした。

午後からは、つくば市にてインターンシップ最終報告会に参加しました。
2343ECC3-C367-4BC1-BF52-20F8DE7951F8.jpg

8月からの2ヶ月間、2人の筑波大生を受け入れし、政治や議員、そして政策などについて学んでもらいました。その成果を発表する事がメインです。今回は、常総市のコンパクトシティ化について、調査・立案・意見書作成。

C2C6D23F-B8C9-4E9A-AF70-89483D839E1B.jpg
実際、市長に提出しました。9月22日。

そして、本日はパワーポイントにて、それぞれのインターン生が様々な課題について発表しました。素晴らしかった。

5742E1A1-C77E-449E-8084-0080BFCA2168.jpg
ウチの発表風景。

2ヶ月間、大変お疲れ様でした。
この経験が、今後の人生で少しでも役立てば幸いです。皆さんにエールを送ります✨
posted by おおさわきよし at 15:25| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

文教厚生委員会行政視察(1日目)

9月27日から2泊3日で山形県に来ております。
メンバーは、坂巻委員長・大澤副委員長・中島委員・堀越道男委員・岡野委員・中村ひろみ委員・倉金議会事務局の7名です。
視察内容は、社会福祉及び社会保障に関する事項・教育に関する事項となります。

早朝7時に出発し辿り着いた初日の27日は、子育て支援について、東根市に伺いました。
東根市に現地入りして気付いたのは、JR山形新幹線のさくらんぼ東根駅前は、土地区画整理によりコンパクトシティ化されており、新しい街が形成されていた事です。人口は47476人で常総市より14000人程度少ないものの、山形県内で唯一人口が増加しており、出生率が高い事もその要因と考えます。

まずは東根市役所に訪問し、市議会の加藤議長より歓迎の言葉と東根市の概要についてお話を頂きました。
そして、そのシンボル施設である『さくらんぼタントクルセンター』総合保健福祉施設を視察。

0B3F7ED7-96DC-47EC-A3EB-BCB6B75E9472.jpg50EFE4A1-526B-4865-8F1A-3E35E70773C9.jpg51839C24-664C-40C4-876F-10471F943BC4.jpgFEB56ABD-0E98-4D4B-B61B-CCF424DBA103.jpg

この施設は、保育所・福祉センターに加え、1から3階までの高さの大型遊具が設置してあります。保育所は業務委託し、遊び場はNPO団体に委託してました。2005年に建設された当初は、市民から『どう言うつもりで、こんな危険な施設を造ったんだ』と言われたそうです。しかし市長は『そう言う方には来て頂かなくて結構。多少の擦り傷はご家庭にお持ち帰りください』と話しているそうです。
ケガをして初めて痛みを知る事が出来る。群れをなして遊ぶ中で人間関係を知る。先輩を敬い後輩を愛しみ、協調精神を育む。イジメ解消にも役立つ。と言った、子どもは遊びから学ぶコンセプトで始まった訳であるが、毎年、市内外から33万人以上の集客があるそうです。
何よりも、市長の決意と対応には脱帽ですか、そのリーダーシップにより、職員の方々も熱意を持って仕事が進められるのではないかと考えさせられました。

次に、2011年に屋外施設で『あそびあランド』を視察。
BC112FA6-B440-432B-89D3-AB8EA6CF2E4E.jpgF040150C-4E58-451F-AAFF-E9BFE334BC1F.jpg5BC44C6D-00B3-472B-B521-031F23E06D90.jpg

ここでも子供達を自由に遊ばせたり、遊具や工作など体験でき、集客を上げているとのこと。
小さなケガは家庭に持ち帰ってもらうコンセプトは変わりませんが、施設内には、保護者たちの交流の場になっていた。

東根市では、市が危機感をもって、次から次えと構想発展に努力していると実感し初日の視察を終えた。



posted by おおさわきよし at 12:10| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする