2016年09月27日

平成28年8月定例会議を終えて

こんにちは。大澤です。

8月31日から9月16日までの議会日程が全て終わりました。
今回の議会は、神達市長が誕生して初めての本会議でした。県議会での経験を生かし、歯切れの良い答弁でありました。今後の常総市を発展する為に、全力で取り組んで頂きたいと熱望します。

今回の審議案件としましては、条例改正・補正予算・人事・一般会計及び特別会計の決算・請願が主でありました。

今回の議会を通じて、個人的に2点ほど疑問が生じました。
一つ目は、市長の交代を機に、会派の移動があった事。最大会派である『未来』に新田議員と坂野議員が加わりました。私が所属する会派『常政会』の会長である坂野議員が離脱しました。当会派は、3名の新人議員で常総市の政治を良くする会として、市民の為に是々非々でいくスタンスで結成したもので、坂野議員の急遽離脱には残念でなりませんでした。更には、2名となった当会派は無会派の扱いとなりましたが、それはそれで仕方がありません。政治にも数の原理があります。
しかし、残された我々は信念を貫く覚悟で、『本当に市民の為になるのか』を念頭に邁進する覚悟です。

二つ目は、今回の請願についてです。
目的は、道路の拡幅工事と街灯の設置です。
請願理由は、大まかに道路が狭小であり車のすれ違いも出来ず、生活道路としての機能が果たせない。それと水海道西中学校の生徒が自転車で登下校する際に危険である。この2点です。
もちろん生活道路の機能向上については当然の理由であり、大いに推進すべきと考えます。
しかし、中学生の安全面を考慮についてですが、行政からの現地説明によれば、この道は通学路に指定されていないとの事。そこで思った事は、万が一、通学で怪我をした場合に保険は適用になるのか?そして、本当に子供達の安全確保を望むのであれば、先ずは指定の通学路を通行させる、或いは他の安全性の高い通学路を使用すべきと考え反対しました。
請願や陳情は、担当の委員会に付託されるため、委員以外の議員には詳細な説明がされにくい事が考えられます。〔余談ですが今回は、私の聞きたい事は説明されなかった〕
そこで、私は請願や陳情には紹介議員が必ず居ますので、今後は紹介議員による詳細な説明の場を作って頂きたく提案したいと思います。




posted by おおさわきよし at 12:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

防災の日

9月1日は防災の日です。
大正12年の関東大震災を教訓に、災害に備え、防災意識を高めようと、昭和35年に制定され、毎年各地で防災訓練が行われてます。
昨年の関東・東北豪雨による大災害を経験し間も無く1年を迎える常総市では、市内の小中学校で一斉に防災訓練が行われました。
各議員が存する学校区から案内状を頂き、自分は水海道中学校と大生小学校の訓練に伺いました。

7813AC7F-9D70-440F-B48D-D94215456DD1.jpg

まず、水海道中学校では、鬼怒川との間にある第六保育所の園児を中学生が誘導避難する訓練を行いました。(水害を想定)緊迫感は無しでしたが😭

訓練の目的は、災害発生時に自分の命を守る行動と防災意識の向上。更には中学生が地域の為に出来る事を考え行動する力を養う事です。

0ABD7E8F-82A7-4F20-98BC-9CA92E398C53.jpgE03028FF-33F0-49A5-920D-332301398B81.jpg

続いて大生小学校に移動しました。
当校は昨年の水害時に、長期的かつ被害の大きかった学校としてクローズアップされましたが、今回の防災訓練でも沢山のマスコミ関係者が来ていました。
茨城大学の女生徒さん3名による、保護者と子供が一緒に考える学びの企画がありました。
保護者の皆様も大変お疲れ様でした。

今後も防災訓練を継続しなければなりません。
改めて地域の防災についても考えさせられました。


posted by おおさわきよし at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする